So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

関東の活断層 立川断層帯 [社会]

【立川断層について】

立川断層帯は、埼玉県入間郡名栗村から東京都青梅市、立川市を経て府中市に至る断層帯で、名栗断層と立川断層から構成される。全体として長さは約33kmで、概ね北西-南東方向に延びている。

【立川断層帯の過去の活動】

立川断層帯の平均的な上下方向のずれの速度は、0.2-0.3m/千年程度と推定される。本断層帯の最新活動時期は約2万年前以後、約1万3千年前以前で、平均活動間隔は1万-1万5千年程度であった可能性がある。

【立川断層帯の将来の活動】

将来マグニチュード7.4程度の地震が発生すると推定され、その際に北東側が相対的に2-3m程度高まるたわみや段差が生じる可能性がある。本断層帯は、今後30年の間に地震が発生する可能性が、我が国の活断層の中ではやや高いグループに属することになる。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。